肌の老化を本格的に気にしはじめる40代に知っておきたい6種類の洗顔料をご紹介

洗顔

年齢を重ねることは悪いことではありません。
そうはいっても40才を過ぎるお肌にはホルモンのバランスの乱れや紫外線のダメージもでてくるもの。
以前とくらべるとしわが増えたり ハリつやを失ったり美容面の悩みが増えていくのも事実ですよね。

私は35才を過ぎた頃から肌にうるおいが足りないな~って思いました
顔や体の皮膚がゴワゴワしてきたので、素肌に影響を与える洗顔料やボディソープを見直すところからはじめましたよ

お肌の乾燥を感じるお年頃の40代。
ケアを怠るとお肌の調子が坂を転げ落ちるようにゴワゴワして、以前のつるつるお肌にもどれない怖さがありませんか。
加齢によるシワやたるみは個人差があると思いますが、今からでも気をつけるのは遅くありません。
もうアラフォーと思うのか、まだアラフォーととらえるかでこれからの人生が変わりますよね。
メイクをするにも素肌が整っていればこそ引き立ちます。
まずは洗顔料を見直すところからすすめてみましょう。

アラフォーの洗顔は保湿を意識したほうがよい理由

アラフォー世代の洗顔料は刺激の少ない肌に負荷をかけないものがおすすめです。
いつも使用している洗顔料でお肌がつっぱたりヒリヒリしたら見直すときかもしれませんね。
肌の汚れは皮脂や汗の塩分、ほこりのような水になじむ汚れが混ざっているので水だけではうまく洗浄できません。
きちんと落とさないと皮脂が酸化し老化を進めるおそれがあります。
なので自分の肌に合わせた適度な洗浄力をもつ洗顔料を選んでみましょう。
年齢とともに皮膚バリアの機能の低下やターンオーバーが乱れがち。
「更年期」といわれる40代後半にはお肌の水分とともに皮脂量が減ってくるので多くの人は乾燥肌になります。
ところが実はもう30代後半からの「プレ更年期」にはお肌の水分が減り始めているんです。
洗顔時に必要以上に肌をこすらず、時間をかけてていねいに洗いすぎないように注意しましょう。

【肌タイプ別 】 アラフォー世代が選ぶ洗顔料のご紹介

すべての肌質におすすめ「固形石けんタイプ」

「石けん成分」を主体としたシンプルな処方が多い。
洗浄力は強いものから弱いものまでいろいろ。
泡立ちに物足りなさを感じるのもあります。
肌質・・・普通肌・脂性肌・混合肌・敏感肌

素早く泡立つ「リキッドタイプ」

泡をたてるタイプと泡をたてないタイプとで別れる。
クレンジング剤のように泡を立てないタイプは手間をかけずに洗顔ができる。
「合成界面活性剤」の使用が多いため洗浄力が高く肌が刺激を感じるものがあります。
保湿力の高いものは油分を含み肌に油膜を残すものがあります。
肌質・・・普通肌・脂性肌

さっぱりとした洗浄力がおすすめ「ジェルタイプ」

 

泡をたてるタイプと泡をたてないタイプと別れる。
洗顔と一緒にマッサージを行うタイプがあります。
さっぱりとした洗い上りが多い。
肌質・・・普通肌・脂質肌

使い勝手が良い「クリームタイプ」

泡立ちがよく使い勝手がよい。
「合成界面活性剤」の使用が多いため洗浄力が高く肌が刺激を感じるものがあります。
保湿力の高いものは油分を含み肌に油膜を残すものがあります。
美白成分や美容成分が配合されているものがあります。
肌質・・・普通肌・乾燥肌・脂性肌・混合肌。敏感肌

時間がない時におすすめ「泡タイプ」

泡立てネットがいらずモコモコの泡がすぐでて時間短縮にもなる。
泡立ちをよくするための成分が配合されるため肌の弱い人は刺激に注意。
炭酸タイプ、低刺激タイプ、ダブル洗顔不要のクレンジング・洗顔タイプがあします。
肌質・・・普通肌 ・脂性肌 ・乾燥肌

添加物の少ない「パウダータイプ」

乾燥させた粉状なので保存期間が長く防腐剤の添加物の必要がない。
パウダータイプを泡立てるの手間がかかります。
肌質・・・普通肌・乾燥肌・敏感肌

まとめ

20代の頃のメイクを今でもやっていますか。
今の年齢にあったメイク方法に変えていますよね。
洗顔も年齢に合わせて変えてみましょう。
違和感を感じながらいつもと変わらない洗顔料を使用することで、乾燥による肌のたるみやしわがおきたら困りますよね。
同じアラフォーといってもオイリー肌の方と乾燥肌の方では選ぶ洗顔料が違います。
参考にして自分にあった洗顔料を選んでくださいね。